人工股関節手術の進歩


 女性に多い「変形性股関節症」、年齢とともに股関節が変形して痛み、しゃがむことや歩行など日常動作に支障をきたします。初期段階ではストレッチや股関節周辺の筋トレなどで対応可能ですが、変形が過度になると最終的には股関節を人工股関節に置き換える手術が必要になります。


 人工股関節の手術は、初期はとにかく執刀の先生の技術力が予後の状態に影響を与えました。大工さんがノミで現場で木組みの合わせ面を加工するように、人工関節をちょうどいい角度と方向に合わせて骨を加工する職人技が必要だったため、「○○病院の○○先生」などと指名で手術を希望されることが普通でした。


 その状況に変化が見られたのが3Ⅾ画像CTによる術前検査の技術向上です。事前に立体的に股関節周辺の骨の状態や位置を確認できるため、この角度から何センチで切開というように正確な手術のシミュレーションが可能になりました。このことにより人工股関節置換術の成績は飛躍的に向上します。


 ここにきて更に心強い技術が導入されつつあります。それが「手術支援ロボットの導入」です。これにより、シミュレーションで計算したとおりの手術を正確かつ周辺への影響を最小限に行うことが可能となりました。


 医学界における技術の向上は目覚ましいものがあります。そのうちAIによる完全自動手術なんて時代が来るかもしれませんね。


多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや


アーカイブ
カテゴリー
タグ