継続的な運動の重要性


 イギリスの専門誌が、「新型コロナウイルス感染時の重症化を防ぐには継続的な運動が効果的」という研究結果を発表しました。


 これは実際にイギリスで新型コロナウイルスに感染した50,000人を追跡調査したものです。例えば運動不足の人が新型コロナウイルスに感染した場合


入院率 10.5% 死亡率 2.4% 


ですが、これが継続的な運動(週2.5時間以上)の習慣のある人だと


入院率 3.2% 死亡率 0.4%


まで減少します。ワクチン接種がコロナ対策の切り札かのように連日報道されていますが、この研究結果からわかるのはやはり基本的な免疫力が重要だという事実です。私も4月から長年通っているスポーツクラブの時短営業が解除され、ようやく定期的な運動ができるようになりました。免疫力強化のため日々頑張ろうと思っております。


多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ