体重が落ちにくい

 若いころはちょっと食べないでいたら体重が落ちたのに・・・。そう実感されている方は多いと思います。私の場合は35歳の頃にそう感じましたね。

 

 人間どうしても年齢とともに基礎代謝が落ちていきます。そうすると若いときと同じように食べているとどうしてもカロリーが余剰になってしまいます。それがじわじわと脂肪となり蓄積し、気が付いたら大変なことに。

 

 対策としては、基本ですが

  

  1 摂取カロリーを減らす

  2 基礎代謝を上げる

 

 の2点がやはり大切です。

 

 

 具体的に私が実践して効果を感じたのはご飯を茶碗の半分に(おかずは普通)する事と筋トレです。からだやにいらしているお客様のお話を伺っても、極端なダイエットはリバウンドにつながる事が多く、日々の食事の中で少しづつ減らすのが一番だと思います。最近はやりの炭水化物カットはそれなりの効果がありますね。ただ個人的には完全カットはおすすめしません。

 

 筋トレも確実な効果がありますが、こちらは結果が出るのにそれなりの期間を要するため挫折してしまう方が多いようです。そういう私もついついさぼりたくなるのですが「仕事の一環」と言い聞かせて続けております。

 

 また、「楽に痩せる」系のダイエット本が人気があるようですが、個人的には先ほどの1,2の地道な実践が一番効果があり、健康的だと思っております。

 

 

            多摩市多摩センターの整体院からだや

 

Please reload

特集記事

肩の痛みに関係する筋肉⑤大胸筋

08/03/2016

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ