昨日(18日)、次女が帰宅後に強い腹痛を訴え救急搬送されそのまま緊急入院となりました。腹部CTの結果、左の卵巣に出血が見られるとの事。本日(19日)に婦人科の専門医が来て方針を検討し、場合によっては手術もあり得るとの説明でした。時間外にもかかわらず、丁寧に対応してくれた八王子医療センターの先生とスタッフには感謝申し上げます。

 

 そのため、今週来週は状況によっては何日かお休みさせていただく可能性もありますのでご了承ください。

 

 問題は、次女は3年前に右の卵巣に嚢腫ができ、その重みによる卵管の茎捻転(卵管がねじれて血流が途絶える)で卵巣が壊死を起こし、右卵巣を摘出していることです。

 

 痛がる次女を前に何もしてあげられない、代わってあげることもできない己の無力さ。次女の将来の為に、何とか左卵巣の無事と本人の回復を祈るばかりです。

 

 この様な時だけ神様にすがる私をお許し下さい。

 

 仕事は今まで通り皆様のため一所懸命頑張りますので安心してご来院下さい。お待ちしております。

 

        多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

  

 

Please reload

特集記事

肩の痛みに関係する筋肉⑤大胸筋

08/03/2016

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ