山田詠美 蝶々の纏足


多摩市多摩センターの整体院からだやの山田詠美

 以前ブログで山田詠美のおすすめの本について後で買いますといったのをふと思い出しました。

 山田詠美と出会ったのは僕が高校生の頃。埼玉の純朴な高校生にとって刺激的な内容と、三島由紀夫ほど自己愛に耽溺してはいないが文学的な甘ったるい文章表現に虜になり、しばらく読み漁った記憶があります。

 その中で今回紹介するのは「蝶々の纏足」です。これは地味で目立たない主人公の瞳美と、華やかでみんなに好かれるえり子という二人の少女の物語です。無邪気な少女時代から思春期へと移行する時期特有の嫉妬、プライド、優越感を織り交ぜた二人の関係性を淡々と紡ぎます。

 この作品のおすすめポイントは、とにかく読後の苦さです。ほろ苦さではなく「完全なる苦味」、これが不意に予想もしない形で襲ってきます。内容については触れませんが、一読の価値ありです。

          多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ