PONANZA佐藤名人を破る


多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだやの将棋

 コンピューターソフトと棋士が戦う「電脳戦」で最強ソフトのPONANZAがとうとう現役名人である佐藤天彦名人を破ってしまった。

 ここ数年の将棋ソフトの進化は目覚ましく、特に「ディープラーニング」と呼ばれる自己学習能力をソフトが身に着けてからは破竹の勢いである。

渡辺明竜王が、プロ棋士の一手一手を将棋ソフトに判定させてみたら、驚くことに四手に一手が疑問手と判定されたそうだ。トップ棋士の打つ手でもそうであるなら、もう人間はソフトに勝つことは不可能であろう。現に主催者のドワンゴもこの状況を忖度し、電脳戦は今回で最後と発表している。

 しかし、これで人間同士の対局がつまらなくなるかと言えば決してそんなことはない。人間はミスもすれば疲労もある。それゆえの逆転劇が人間同士の対局の醍醐味であろう。人間だからこそ数々のドラマが生まれるのだと言っても過言ではない。

          多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ