カフェイン中毒とエナジードリンク


多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだやのカフェイン中毒

 今日の朝日新聞の1面に、若者のカフェイン中毒に対する注意喚起の記事が出ていました。15年には死亡例も報告されています

 この5年で、カフェイン中毒で病院に搬送されたのが101人。特筆すべきは患者の平均年齢が25歳というデータです。

 私の世代(40代)のイメージだと「カフェイン」と言えばコーヒーお茶に含まれる成分、といった印象が強いと思われます。しかし最近の若者のカフェイン過剰摂取の背景には、お茶やコーヒーではなく「エナジードリンク」があるようです。

 先ほどの死亡例も、カフェインが含まれた眠気防止剤と、エナジードリンクを同時に多量摂取したケースです。

 搬送され、心停止が確認できた症例は、いずれもカフェインを6グラム以上摂取していましたが、カフェインに弱い体質の方だと1グラムでも症状が出ることがあるようです。「カフェイン1グラムの目安」が記事に出ていたので、これを引用します。

眠気防止剤

トメルミン・・・6錠

エスタロンモカ錠・・・10錠

眠気覚ましドリンク

強強打破・・・6,7本

メガシャキ・・・10本

エナジードリンク

モンスターエナジー・・・7本

レッドブル・・・12,5本

多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ