溶連菌感染症


多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだやの溶連菌

 西武の森慎二コーチが、先日42歳という若さで亡くなったというニュースがありました。

 驚いたのはその死因が「溶連菌感染症」によるものだという事です。

 溶連菌感染症は、発熱とのどの痛みを伴う感染症で、私が子供の頃は「のど風邪」などと言われていました。

 まれに腎臓に影響を与え、腎不全を引き起こすことがあることは知っていましたが、まさか命を奪うことがあるとは思いませんでした。

適切な抗生物質の投与が効果的のようなので、早めに病院で診察を受けることが重要ですね。正直「溶連菌」を軽く考えていました。戒めねば。

            多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ