妻に捧げた1778話


多摩市多摩センターの整体院からだやの本

 これは眉村卓さんが、妻である悦子さんが余命一年と診断されてから、「一日一遍、妻のために短編小説を書く」と決意し、実際に書いた小説の抜粋である。

 小説を時系列で取り上げ、その時の状況や悦子さんの体調などの情報を付加していくという形式で、淡々と進んでいく。

 悦子さんの状態や、眉村さんの心情が徐々に小説の内容に影響を及ぼし、またそれを包み隠さず淡々と解説していく眉村さん。

 着地点は分かっているのに、いや、分かっているからこその諦観の美学なのかもしれない。

 最後の一遍には心を打たれました。

            多摩市多摩センターの整体院身体均整堂からだや

アーカイブ
カテゴリー
タグ